ブルーベリー-効果

ブルーベリー効果と眼精疲労や老眼

ブルーベリー-効果

ブルーベリーについて

巷で大人気となっているのが、ブルーベリーと呼ばれる食材です。
ブルーベリーというと、私たちの生活の中では、実際、あまり食事などで使用することが少ない食材の一つと言っても過言ではありません。
ですが、現在、健康補助食品やサプリメントなどの商品の中で、このブルーベリーの存在が大変高まってきています。

実際、様々なメディア上での広告やテレビCMなどでも、このブルーベリーと呼ばれる食材と、それを使用した商品の情報を多く目にするようになりました。
ブルーベリーには、実に様々な効果があると言われています。

このブルーベリーは元々、北アメリカ原産の植物としても知られており、実は野生の物が主流と言われていた非常に珍しい植物の一つでした。現在では、この野生の物と、そして栽培によって生産されている二つのブルーベリーが、主に市場へと流通していると言われています。
ブルーベリーは、古来より医薬品としても重用されたことがあるなど、まだ化学が発展していなかった時代から、その栄養価の高さを認識されていました。
北米やヨーロッパなどでは、主にコンポートやジャムなどに加工して利用する事が多く、日本に於いても、ジャムなどの製品として利用されている方が大変多いのでは無いでしょうか。

更に、最近では化学の進歩に伴って、ブルーベリーの実際の効果も幾つか実証されるようになってきています。
現代病と言われるような眼病に対しての効果も期待出来るため、高齢者の方を初めとして、若者にもその有効成分と効果の高さを実感する声が現れています。

更に、食材自体は比較的安価であること、大量生産が可能であると言うことも踏まえて、非常に安価な価格でサプリメントなどとして利用する事が出来る点も、ブルーベリーの大きな魅力の一つです。眼病だけでは無く、実は身体をぽかぽかと温める効果や、血行や血液の改善効果もあると言われているため、最近では医療現場などでも、このブルーベリーの成分を利用した薬品などが利用されているほどです。

 

SPONSORED LINK

ブルーベリーの栄養って?

豊富な栄養素を含んでいることからも分かるように、このブルーベリーには非常に多くの効能が確認されており、それが人気となって、現在、健康補助食品などに於いても大変主流の食材の一つとして利用されています。

では、このブルーベリーに豊富に含まれる効能。その効能を実際に発揮している栄養素としては、どういったものが存在しているのでしょうか。

まず、ブルーベリーの栄養素を語る上で決して無視できない成分の一つが、ポリフェノールです。
このポリフェノールとは、天然由来の植物や食材が持っている自然の色素と言われています。このポリフェノールと呼ばれる色素成分には、非常に強い抗酸化作用が確認されています。

色素という成分は、実は私たち人間にも存在しています。
色素を組織が持っている事で、太陽光から降り注ぐ有害な紫外線を体内に取り入れず、防止する効果を発揮しているのです。
このポリフェノールにも、そういった効果があると言われています。

更には、ブルーベリーには様々な効果を持った栄養素が豊富に含まれていると言われています。例えば、多くの食材に含まれていることでも知られており、生物の免疫力の向上や身体を強くする効能があるとして人気の栄養素であるビタミンCをはじめとして、ビタミンEなどのビタミン群も豊富に含まれています。

更に、現代病の一つである高血圧に対して非常に効能があると言われているカリウムも豊富に含まれています。
加えて、ダイエットや美容効果、そして腸内環境の改善効果も期待出来る食物繊維の量も、実に豊富に存在していると言われています。更には、男性機能の向上を期待することが出来る亜鉛の量も、非常に多いことが確認されています。

それ以外にも、バリンやアルギニンなどの男性機能の向上に非常に効果があると言われる栄養素も含まれていますし、アスパラギン酸やグリシンなど、滋養強壮効果を期待することの出来る栄養成分も豊富に含まれています。

 

アントシアニンとは?

とても色鮮やかなカラーリングを持っているブルーベリー。
一つ一つの身を潰してみると、そこからはとても綺麗な赤紫色の果汁が溢れ出てくる事でも知られています。
実は、このブルーベリー由来のとても色鮮やかな色素こそが、ブルーベリーという食材を語る上で無くてはならない存在として現在、大変な人気を誇っているのです。

このブルーベリー由来の色素のことを、アントシアニンと言います。このアントシアニンとは、いわゆる果実や野菜由来の色素としても知られているポリフェノールとよばれる色素の一つです。

アントシアニンの特徴としては、赤色や紫色、更には青色などのとても色鮮やかな色が挙げられます。
ですから、例えばヨーロッパなどで愛されている赤ワインなどにもこのアントシアニンは豊富に含まれていますし、紫キャベツなどにも、このアントシアニンが色素として混入されているのです。

そして、このアントシアニンという成分が、私たちにんげんにとっても、優れた効能を幾つも発揮してくれると言う事が、最近の研究によっても明らかにされたのです。

例えば、アントシアニンを摂取することで得る事が出来る効果のうち、最大の物と言えば、やはり抗酸化作用と言われています。
この抗酸化作用とは、いわゆる酸素という気体が関係しています。酸素は、実は様々な栄養素と結びつくことでも知られており、この化学変化を酸化と言います。この酸化によって産まれた物質は、実は生命を形成する細胞にとってあまりよくない成分なのです。

そして、この酸化物質を減少させる効果、或いは酸化自体を抑える効果を持っているものが、この抗酸化作用とよばれる性質を持っている栄養素なのです。
酸化物質が体内に存在する事で、美容効果などに非常に悪影響が出ると言われるため、特に美容関係の効能を得る事が出来るこのアントシアニンの効果が注目されています。

それ以外にも、アントシアニンには、現代病と言われている眼病に対して様々な良効果を発揮してくれることでも知られています。
視力の改善や維持、或いは眼精疲労など、OA機器が身近となった現代に於いての習慣病に対しても高い効果を発揮してくれます。

 

SPONSORED LINK

ブルーベリー効果といえば目!

ブルーベリーという食材を、実際にそのままの形で食事などで利用されている方はもちろんのこと、ジュースなどとして利用されている方も大変多いと思います。
更には、現在、ブルーベリー派性商品の代表格として高い人気を誇っている、サプリメントなどの商品を利用されている方も非常に多いのでは無いでしょうか。

実際、このブルーベリーという食材をなんらかの形で利用されている方の殆どが、ある特定の効果を得るために利用しているといっても過言ではありません。
その効果が、いわゆる目に作用する効果です。

ブルーベリーに豊富に含まれている色素成分、アントシアニンと呼ばれる成分には、私たち人間にとって欠かすことが出来ない器官の一つでもある目に対して、大変良好な効果を発揮することが、最近の研究でも知られています。

実際に、ブルーベリー製品を服用、或いはブルーベリーを摂取することによって得られる目に対しての効果としてあげられるのが、眼精疲労の軽減、低下した視力の向上や、現在の視力を維持する作用があると言われています。

更には、眼病と呼ばれる様々な病気などにも、高い予防効果があると言われています。白内障や緑内障などの高齢者の方に比較的多い目の病気に対しても、このブルーベリーは高い効能を発揮してくれると言われているのです。

最近では、OA機器を初め、様々な機械や画面と長時間に渡って見つめ合うと言う作業を行っている方が大変多いと言えます。
目は、私たちの生活にとって決して無くてはならない大切な器官である為、酷使することによって徐々に目の機能は衰えているといっても良いでしょう。
ですから、そういった方達にとって、このブルーベリーに豊富に含まれているアントシアニンや有効成分の効能は、非常に大切な要素とも言えるのです。

更には、現代病の一つとしてあげられている眼病と呼ばれる症状にも効果があります。前述した白内障などを初めとして、視神経や水晶体などに発生するような眼病にも、このアントシアニンは非常に高い効果を発揮すると言われています。目に効果がアルト言えるのが、このブルーベリーなのです。

 

眼精疲労には効果てきめん!

目という器官は、私たちの生活の中でほぼ毎日、酷使されているいっても過言ではありません。私たちが、日頃の生活の中で物を見、距離を測り、そして色などを認知することが出来るのも、全てこの目というレンズを通して得ている情報から知る事が出来るのです。

ですが、この目という器官も、国試をし続け、或いは定期的なメンテナンスを怠ってしまうことで、実に様々な症状を発症してしまいます。
目に発症する症状のうち、まず初めに実感として現れる物が、いわゆる眼精疲労と呼ばれる物です。

この眼精疲労とは、言葉の通り、目に由来する部分に疲労感が表れてしまうと言う症状。
主に、眼精疲労の発症原因として挙げられるのが、目の周囲に張り巡らされた筋肉の疲れによって起こると言われています。

私たちの目は、常に様々な方向に動かして物を認知しています。更には、目という器官そのものを眼窩と呼ばれる部分に維持するためにも、目の周囲の筋肉は常に酷使されているのです。

激しいスポーツを行った後、身体の筋肉が筋肉痛になるのと同じように、目の周りの禁句にも疲労物質が蓄積します。
これが、いわゆる眼精疲労と呼ばれる症状の原因なのです。

この眼精疲労が起こってしまうと、目に対して様々な症状が誘発されると言われています。ですから、眼精疲労が発症していると言う事は、目に対してなんらかの負担や症状が現れ始めているという目印でもあるのです。

そして、この眼精疲労という症状に対して高い効果を発揮してくれるのが、このブルーベリーという食材なのです。
ブルーベリーの内部に豊富に含まれているポリフェノール、そしてアントシアニンと呼ばれる色素成分によって、この目の周りの筋肉に蓄積した疲労物質が軽減されると言われています。その結果、眼精疲労という症状体を緩和する事が出来るというわけです。ですから、定期的にこのブルーベリーを体内に取り入れることで、眼精疲労を回復する効果だけでは無く、目に対しての高い効果を発揮出来るというわけです。

 

SPONSORED LINK

老眼にも効果的なブルーベリー

私たち人間を初め、生物のほとんどは、長く生きる過程で年を取ります。この加齢という過程によって、私たち人間の身体も、様々な変化を初め、多くの症状を発症すると言われています。

目という器官があります。この目にも、加齢という過程によって様々な症状が現れると言われています。
例えば、年を取ると共に、若い頃には見る事が出来たような距離の物を認知することが出来ない、いわゆる視力低下とよばれる症状も、この加齢の代表的な機能低下の一つとしてあげられます。

更には、素早く移動する物を見る事が出来る動体視力と呼ばれる能力も、この加齢によって低下すると言われているのです。

それ以外にも、目に関する様々な能力低下が、加齢という年を取る過程によって低下していくと言われているのです。
そういった加齢症状の中でも、特に眼に関して起きる最大の要素の一つが、老眼と呼ばれる症状です。

老眼とは、その文字の通り、目が老いるという事。
この老眼という症状の代表的な物の一つとしては、近くの物を視認することが非常に困難になると言う事。

例えば、近くの物を見る事が出来る反面、遠くの物体を認識する能力が衰えてしまう、近眼という症状があります。
この近眼という症状の逆の状態が、いわゆる老眼と呼ばれる症状なのです。

老眼の発症理由にはいくつかの物が挙げられるのですが、やはり、加齢によって目の機能自体が低下してしまうことが最大の原因と言われています。
ですが、この老眼という症状も、日々、ブルーベリーという果実を定期的に摂取することで、なんと予防する出来るという研究結果が現在では示されています。

実際、ブルーベリーに含まれている有効成分であるアントシアニンの効果によって、様々な目由来の症状に対して高い効能を期待することが出来ますし、更には、ブルーベリーに豊富に含まれているビタミンやミネラル、そして亜鉛などの栄養素によって、目の機能低下を防ぐ効果を期待することが出来るのです。老眼にも大変効果的な食材がブルーベリーなのです。

 

ブルーベリーって、心臓病や冷え性にもいいの!?

ブルーベリーでダイエット&美肌!?

 

 

SPONSORED LINK