ブルーベリー-品種と育て方

ブルーベリーの品種と育て方

ブルーベリー-品種と育て方

ブルーベリーの品種はどんなの?

私たち人間を初め、様々な食材にそれそれの種類が存在しているように、ブルーベリーという食材にも、いくつかの品種が存在しています。
まず、ブルーベリーの品種を語る上で欠かすことが出来ないのが、日本に於いて生産、そして使用されているブルーベリーの品種としてあげられるのは、主に4つの品種群に分けられると言う事です。

この品種群の違いとは、見た目や味、そして生育状況や栽培のしやすさなどによっても分けられています。
1つはハイブッシュ系とよばれる品種群。そして、このハイブッシュ系にはノーザン系とサザン系という、野生の生育地によって分けられた2つの品種が存在しています。

更には、ハーフハイブッシュ系、ラビットアイ系と呼ばれる4つの品種が大まかな品種群としてあげられています。
この一つ一つの品種群の元で、現在開発されている新種のブルーベリーを初めとして、多くのブルーベリーが存在していると言われています。
一般的に、ブルーベリーは元々野生種から派生した食材でもあったため、基本的には野生時代に群生していた地域の名称などが与えられています。

更に、現在では野生の品種に加えて、人工的に栽培されている品種も増加しているため、それらの区別を行う為に名称が付けられているという特性も存在しています。

更には、これらの品種の違いによってもブルーベリー自体が持っている効果に対して様々な変化が現れてきます。
例えば、温暖な気候の中、太陽の光を十分に浴び、更には水をしっかりと補うことが出来る環境で育てられたブルーベリーには、色素成分であるポリフェノールが非常に多く含まれていると言われていますし、そうではない環境で群生していたブルーベリーの場合は、逆に甘さなどの点で非常に良好な性質を持っていると言われています。

上述した4つの代表的な品種以外にも、実はまだいくつかの品種がブルーベリーには存在しています。
これらは、生育環境が大変限定されるため、私たち日本人にはあまりなじみのないブルーベリーと言われています。

 

SPONSORED LINK

ブルーベリー 育て方

ブルーベリーという果実は、実は元々は野生種として群生していた植物でした。ですが、その効果の高さや、芳醇な甘さと酸味、そして香りなどが人気を得たことにより、現在では人工的に栽培されているブルーベリーが大半と言っても過言ではない状況となっています。

実際にブルーベリーを飼育する方法は決して簡単ではないのですが、しっかりと知識を備えておくことで、実は私たちにも家庭などで生産することが可能と言われています。

では、実際にブルーベリーの育て方とはどういった方法があるのでしょうか。
まず、ブルーベリーを生育させる上で大切なのが、土選びです。ブルーベリーが育つ土壌というのは、基本的に酸性質を持った土で有る事が重要なのです。例えば、これがアルカリ質の土だった場合、ブルーベリーにとって必要な養分を吸収させることが出来ず、生育に非常に障害が現れてしまいます。

そして、ブルーベリーを生育する上で欠かすことが出来ない行動の1つが、定期的な水やりです。
ブルーベリーは、非常に水を吸収します。手で身を潰してみると分かるように、果実自体に非常に多くの水分を保有しているのです。ですから、しっかりと定期的な水分補給を行う事が大切と言えます。

更に、ブルーベリー生育を行う上で最大の命綱とも呼べる物が、いわゆる太陽光です。
沢山の太陽光を浴びさせることにより、ブルーベリー独特の酸味と甘みを持たせることが出来るほか、ブルーベリー由来のあの独特の鮮やかな色合いにも変化が現れるのです。

更に、ブルーベリーを種の段階から育て始めた場合に気をつけなくてはいけない事の一つが、肥料です。
種の状態で土に埋没させ、その後、数週間ほどの時間を経て、種から芽が生え、その芽が土の表面へと顔を出す直前に、肥料を与えてあげることが大切です。
この際に与える肥料は、いわゆる有機系肥料である必要があります。そして、芽が出る前には少量の肥料を。その後、芽が大きく伸びはじめた時には、今度は少し多めの肥料を与える事で、生育スピードを支える事が出来ます。

 

ブルーベリーの冷凍orジャムorケーキ。どれがいい!?

 

SPONSORED LINK