ウーバー-日本

ウーバーの日本での浸透は!?ただいまウーバーの普及エリア拡大中~

ウーバー-日本

日本におけるウーバーの仕組みの浸透

日本国内では、ウーバーのタクシーに関するサービスが着実に浸透しつつあるのではないかと考えられています。
日本では、ハイヤーとして分類されているものの、タクシーのような形式で活用される機会が数多く見受けられています。
以前は、海外のサービスというイメージが強かったとされていますが、ウーバーが少しずつ日本においても受け入れられ、多くの人が活用するサービスのひとつとして取り上げられているのではないでしょうか。

簡単に配車手配のできる点や、丁寧な接客のサービスなど、ウーバーは日本において独自の進化を遂げてきていると高く評価されています。
そのため、多くの人がしばしばウーバーのサービスを活用するようになり、広範囲で普及するきっかけのひとつとしても取り上げられているのではないかと認識されてきています。
ここ数年は、都市圏をメインとして、様々なところにおいてウーバーのサービスは確立されてきました。

日本におけるウーバーの仕組みの浸透は、これまでよりも更に加速していく可能性が高まるのではないでしょうか。
積極的にウーバーのタクシー関連の仕組みが取り入れられる地域も出てくる可能性は極めて高いと考えられており、より一層の関心が示されるのではないかと見込まれています。
気軽に配車することができ、丁寧なサービスの受け入れられる事例が増えることが、日本では期待されるでしょう。また、国内で更なるウーバーの新幹線が実現される可能性も高くなるのではないかと思います。

 

SPONSORED LINK

日本のUber事情

ウーバー(Uber)って何?

ウーバー(Uber、以下ウーバー)はアプリで車の配車を頼むと、動けそうな一般の人が車を出してくれて運送してくれるサービスのことです。
海外では色々な問題が出ていますが、その便利さから爆発的に普及したサービスとして成長しています。日本にも2013年に進出しましたが、海外とは違う事情になっています。

日本のウーバー
利用は海外と同じくスマートフォンにアプリをあらかじめ入れておき、利用時にアプリを起動して目的地を入力します。

しかし、海外と違う所は利用できるのが現在は東京都の一部だけということ(この先拡大されます)。

一時期福岡でも実験的に運用されましたが、一般の人の車で輸送を行うのは、いわゆる「白タク行為(無許可でタクシーの業務を行うこと)」と同じになると見なされ、禁止されてしまったという背景があります。

なので東京都の一部で利用した場合の話をしたいと思います。
目的地を入力すると、日本では一般の人の車は手配できません。「ハイヤー」「ブラック VAN」「プレミアムTAXI」「TAXI」といった、提携するタクシー会社の配車サービスになります。
選択すると迎えに来る所要時間が案内され、おおよその料金目安も表示されます。ただ、状況によっては料金の目安が案内されなかったり、車が出払っている場合は別の車種を選択することになります。
海外のサービスに比べると規制の関係でちょっと違ったアプリになっていますが、便利なサービスであることに変わりはありません。

 

ウーバーがなぜ日本では大きく普及しないのか?

ウーバーというサービスは海外では割と知られており、特にアメリカでは普及が進んでいますが、日本ではそれほど普及していません。
というより、ウーバーという名称を知っている人間がほとんどいないものと思われます。

しかし、なぜ日本ではウーバーが普及しないのか?その理由はどこにあるのでしょうか?

理由の1つとしては、ウーバーのなり手がなかなか生まれないという点が挙げられます。
なり手が生まれなければ、当然ながらウーバーは日本では普及しづらいと言えます。

でも、なり手が生まれづらい理由は何なのか?ということになりますが、最たるものとしては副業を認めない会社が多いということです。

日本においてウーバーを専業でやるケースというのはなかなか考えづらく、可能性があるとすれば副業という形になると言えますが、日本では副業禁止を掲げる会社が多いです。

厚生労働省が副業を推奨するガイドラインを出したこともありましたけど、結局会社の印象を気にする人は副業をしづらいので、状況が大きく変わったとは言えません。

副業それ自体がしづらいので、ウーバーを始める人もどうしても増えないですし、その結果ウーバーは日本では普及しづらいという状況になっているものと思われます。

副業が禁止されている慣習があり、副業をすることを会社がよく思っていないということは社員も分かっていますから、副業としてウーバーを始める人がほぼいないとなれば、ウーバーを始めようとする人が現実的になかなかいないということを意味します。

こういった理由で、今現在、日本ではウーバーがあまり普及していないと言えます。

 

SPONSORED LINK

理解すれば、ウーバーの可能性は日本中に広がりそうですね

白タクのイメージよりも…新たな移動ギアとして感じます。

「タクシーとは違う!?」

ウーバーを眺めて感じるのは、日本でのイメージが白タクが先行してるのかも知れませんね。

しかし、どちらかと言えば観光地等でツカエル”移動ギア”の発想ではないでしょうか。
特に、都心ではパートナーと呼ばれるドライバーも募集されています。

なら…地元を知りつくしたドライバーがウーバーを使いこなしているなら期待は膨らみますよ。

「堅苦しくない?」

もし、日本ならではのタクシーな雰囲気が苦手な方なら…。
気軽に乗れる醍醐味と、実はかなり重要な安全性もあるウーバーは気になりますよねぇ。

 

「安全性!?」

これ。
乗る側は当然の権利ですけど…ドライバーとして活躍する側にも大事な事ですから。

 

「両者共に料金と安心を明確にする!」

これなら、タクシーとは異なる雰囲気で新たな旅の楽しみが増えそうじゃありませんか。
とは言え、ツカエル人はアプリを理解しないと厳しいです。

世界で活躍するウーバー・Uber。
しかしながら、日本では馴染みと独自なルールで知らない方も多いのは確かです。

 

「これから伸びるのか!?」

確かに…主要都市の利用が現状ではありますけど。

例えば…高齢化社会や子供の送迎
後は、お買い物で利用するのも増えそうで期待はしています。

ココで…話はそれるんだけど。

私の友人で、クラブの送り迎えを無償でしてた父親がいます。
しかし、現状は距離もあり”ガソリン代”がバカにならないと嘆いていましたねぇ。

なら。
「ウーバーで割り勘活用?」

結構ですけど。
人任せでスルーな友人のお子さん送迎ですから…。

そこで。
子育てにウーバールールに加えると、親としての責任と安心をカエル事も出来そうで期待できますよね。

スマホ世代な今こそ。
右肩上がりに、利用する人増えるのは今でしょ。

と、期待しています。

SPONSORED LINK