ウーバー-アメリカ

アメリカでのウーバーはどない?ニューヨークでウーバー体験

ウーバー-アメリカ

アメリカ・ニューヨークでウーバー体験

私はアメリカ・ニューヨークにてはじめてウーバーを利用しました
タクシーではなく、ウーバーを利用しようと思った理由は、タクシーより料金が安く、また事前にクレジットカードで精算済みなのでぼったくりに逢うことはないと考えたからです。

ウーバーのアプリを利用するには、事前に日本でアプリをダウンロードし、アカウントの設定をしなければなりません。
日本でないと、設定できない理由は、本人確認のため、SNSが送られてきますが、海外ではメールを受信できないためです。

はじめにジョンエフケネディ空港到着後、クイーンズにあるホテルまで送迎を頼みました。
ウーバーのアプリを使って、車を呼びましたが、ハプニングがありました。
空港付近はたくさんの車と人で溢れているため、車を呼んだにも関わらず、運転手到着後5分以内に見つけられず、運転手側からキャンセルされてしまいました。
この場合にもキャンセル料は発生しました。その後3度車を呼び直しようやくの思いで乗車することができました。

ウーバーには他のお客さんも乗り合いのタイプもあり、価格も安いので、この乗り合いタイプを選択しました。
デメリットとしては、途中で他のお客さんが同じウーバーを呼んだ場合、目的地までの道を迂回して、次のお客さんを迎えにいくので、ホテル到着後までは少し時間がかかりました。
しかし、乗車中は特に問題なく、お支払いは事前にアプリで決済済みで、運転手も私の目的地をアプリを通して知っておられるので、なにも話さなくても問題ないです。このメリットは、英語が苦手な方にはとても安心かと思います。

ホテル付近になると、運転手は私がホテルを見つけるまで徐行運転で探してくれました。優しい運転手でした。

ニューヨーク滞在中にも、電車で行きにくい場所や時間がかかってしまう場所へ移動する際は、ウーバーを利用しました。
ニューヨークではウーバーがすぐつかまるので、ウーバーを呼ぶと、5分程で迎えにきてくれます。すぐに来てくれるので便利だと思います。
また、街中で呼ぶと、空港より車も人も少ないので、ほぼ確実にウーバーを見つけることができます。
予め車のナンバーもわかっているので探しやすいです。

運転手によっては、サービスにムラがあるかもしれませんが、運転手を選ぶ際に予めレビューや評価の良い方を選ぶと失敗は少ないかと思います。

ウーバー乗車中に、回り道をされる心配もありません。アプリには、自分の目的地やいまどこを走っているか等、グーグルマップのような地図を常に確認できるからです。
目的地までおよそ何分かかるか等も確認できるので、時間にもわりと正確です。

私はすっかりウーバーを気に入ってしまい、最後はホテルから空港までの送迎を頼みました。
ホテルからウーバーを呼び、また5分以内で来てくれました。スーツケースも無料で預かってくれます。日本のタクシーのように、運転手がスーツケースをトランクに乗せてくれました。

帰りの飛行機の時間まで、時間がギリギリだったのですが、ウーバーのおかげで間に合いました。
電車で空港まで向かっていればきっと間に合わなかったと思います。

アメリカでのウーバー体験は、これから日本でウーバーが普及することを思わせるほど便利なサービスでした。

 

SPONSORED LINK

アメリカで日常的に利用されるウーバー

ウーバーのサービスは、アメリカ国内では日常的に利用されています。
タクシーの中でもウーバーは代表格のひとつとして挙げられており、普段の移動手段のひとつとして挙げられていると認識されています。

アメリカの多くの州や地域において、ウーバーの仕組みが普及していることから、こうした動きが持続しているのではないかと思います。
国民にとっては、身近な移動の方法としても受け入れられていると評価されています。

アメリカにおけるウーバーのサービスは、利便性が非常に高いという特徴が存在するのではないかと考えられています。
迅速に配車やタクシーの手配のできる仕組みが作られており、気軽に利用できる傾向が強いとされています。
質の高いサービスの展開されている点も良いところとして度々取り上げられており、アメリカでのウーバーへの人気の度合いがアップしていると考えられるのではないでしょうか。

ウーバーが人気を集めるエリアとして、アメリカは以前から注目を集め続けています。
タクシーの中でも、ウーバーがメインであるとするユーザーの存在も、現在進行形で増加の一途を辿っていることから、関心が示されることへと繋がっています。
今後もアメリカのエリアでは、ウーバーのサービスが普遍的に利用されるのではないかと。
そのため、世界中からウーバーの仕組みが脚光を浴びることにも絡んでいくのではないかと推測されています。

SPONSORED LINK