カテゴリー5のLANケーブル

LANケーブル交換で通信速度が激変!カテゴリ5→5eで検証

カテゴリー5のLANケーブル

今回2年ぶりに自宅に固定インターネット回線を引きました。
というのも引越しが続いたので2年間WiMAXを使ってたけど、WiMAX機器が半年ほど前から、途切れて再起動など調子が悪くなり、やっぱ自宅は固定インターネット回線の方が良いということで、NTT回線で1Gの契約をしました。

ちなみに、プロバイダーは『enひかり』ってとこで、月額3,300円(税抜き)と最安級でした。しかも最低利用期間や違約金など、契約の縛りなし(^o^)。

と、話はそれたけど、久々の固定インターネットやったんで、家に保管してあった適当な長さのLANケーブル数種類でONU(モデム)と無線ルーターを繋げてみた。
あと無線ルーターは新しいのを購入。

 

配線環境

ONU(モデム)とルーターの距離は、1.5m程のLANケーブルです。
モデムとルーター間のLANケーブル1.5m

あまりに散らかってるのでモザイクかけてます(^_^;)

 

SPONSORED LINK

何も知らずにカテゴリ5のLANケーブルを接続してた

最初はLANケーブルの種類は大差ないと思っていたので、長さがちょうどいいもので接続。

が、思ったほど通信速度が出ない。。。(;・∀・)。

あとで分かったのですが、最初に繋げたのは『カテゴリー5』のLANケーブルでした。
10年くらい前に何かの付属品だったもの。
カテゴリー5のLANケーブル

 

で、スマホの通信スピード測定アプリ『Speedtest』で測定した結果。
カテゴリー5のLANケーブルでの通信速度

ダウンロードは、46.8メガ
アップロードは、88.1メガ

 

カテゴリー5eのLANケーブルに交換

NETで調べるとLANケーブルの規格でカテゴリーがあって、最初に使っていたのは『カテゴリー5』だった。
どうやら、これは上限100メガのよう。

それ以降の5eからは、1ギガ以上の対応になるみたい。

といっても、カテゴリー5のLANケーブルで上限の100メガに満たない実測40~50メガだったので、上限が100メガから1ギガに上がっても変わらいんじゃないかと思ったけど、とりあえず自宅に保管してあったLANケーブルの中に『カテゴリー5e』のものがあったので、変えてみることに。

ちょっとピンぼけしてわかりにくいけど『カテゴリー5e』のLANケーブルに交換。
これもどこぞの付属品。
カテゴリー5eのLANケーブル

 

そして、スピードテスト。
すると。。。
カテゴリー5eのLANケーブルでの通信速度

なんと、
ダウンロードは、155メガ
アップロードは、282メガ

 

びっくりした!
下りも上りも3倍以上のスピードにΣ(゚Д゚)。

上限うんぬんではなく、通信速度自体が上がってしまった(∩´∀`)∩ワーイ。

 

SPONSORED LINK

まとめ

今回LANケーブルを『カテゴリー5』から『カテゴリー5e』に交換すると、上限うんぬんではなく通信速度自体が上がる結果となってしまった。

正直、より上のグレードの『カテゴリー6』や『カテゴリー6A』なども速度が上がるのではと興味が出てきたけど、自宅にあったLANケーブルは10本ぐらいあったが、『カテゴリー5e』止まりだった。。。(T_T)。

カテゴリー6A』までは、料金がさほど変わらなく、また安いので買おうかと思ったけど、100メガあれば十分なので、とりあえず見送り。
でも、今度買う時は『カテゴリー6A』にしよっと。

SPONSORED LINK